×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カット済みのカニは便利

寒くなったらヤッパリカニ!

姿も良いけど、カット済みのカニは便利

実際にカニを通販で購入しようとするとわかるのですが、いろんな状態でカニは売られています。 カニ丸ごとであったり、脚だけであったり、茹でられていたり、生だったりです。 ほんの一例なのかもしれませんが、どのようなものがあるのか説明してみます。

活きた状態でカニが送られてきます。 輸送している間に死んでしまうこともありますが、鮮度的には問題がありません。 鍋やしゃぶしゃぶなどの定番から、刺身まで、様々な料理に利用できますが、活きているのでさばくのが大変です。 それと、鮮度が特徴の食材ですので、到着した日に調理する必要もあると思います。

生の状態のカニを冷凍したものです。肩脚、脚、むき身などによくあるタイプです。 素材が生ですので、定番のかにしゃぶや鍋などの他、バター焼きなど、様々な料理に対応できます。

ボイル(茹で、浜茹で)

ボイルしたものを急速冷凍し届けてくれます。 ボイルしてあるので、解凍すればそのまま食べることが出来ます。 手を加えずにそのまま食するのが一般的で、一度茹でてあるので調理にはあまりむきません。

姿

カットなどされていないカニが一匹の状態で送られてきます。 贈り物として検討しているなら、高級感も出るので、良いかもしれません。 ボイル後に急速冷凍されたものか、生きている状態ものが一般的です。 さばくのが大変だったり、食べた後の殻の処分が大変なのがデメリットともいえるのですが、 毛がにやズワイガニなら、カニ味噌が楽しめます。

肩脚

肩と脚、爪の部分を胴から切り離して届けてくれます。 姿からさばくのが面倒な人に便利な食材となります。 生やボイルがありますが、茹でてあるボイルものはそのまま食べ、 生のものは、かにしゃぶやカニ鍋などの料理に使うことが多いです。

脚の部分のみを切り離して送ってくれます。訳あり品でキロ売りなどされているのも、この脚が多いです。生のものと、茹でてあるボイルものがあります。

ポーション(むき身)

脚の太い部分をむき身にして、細い部分の間接の殻を残してある脚のむき身のことを カニのポーションと言います。 生の状態で、かにしゃぶ用として売られています。 食べやすい上に、下ごしらえする必要がない。さらに、殻のゴミも最小限なので人気があります。 ズワイガニのポーションが有名で、かにしゃぶや鍋に使う人が多いようです。

ビードロカット

半分だけ太い足の部分の殻をむいたものです。半分だけ殻を取っているので、殻をわる必要がなく食べやすいです。焼いて食べるのに良いカット方法です。生のたらば脚でよく見かけ、急速冷凍されて送られてきます。

全てを説明できていないと思いますが、大体は説明できていると思います。ちなみに、現状では活きカニが冷蔵、その他のカニは、生でもボイルでも冷凍で配送されてきます。どのように食べるか考えて、食べ方にあったカニをお取り寄せしましょう。

(C) 寒くなったらヤッパリカニ!

失業給付の基本手当